FC2ブログ
| ホーム |

スポンサーサイト


--【10万円以下が手数料無料の証券会社】-------------------
 → 岡三オンライン証券の評判、評価はこちら
 → 松井証券の評判、評価はこちら
-------------------------------------------------------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当座比率とは~投資先企業の安全性の分析方法


--【10万円以下が手数料無料の証券会社】-------------------
 → 岡三オンライン証券の評判、評価はこちら
 → 松井証券の評判、評価はこちら
-------------------------------------------------------

 当座比率とは、投資先企業の安全性を分析するための一指標であり、企業の短期支払能力を判断する指標です。

 計算式 : 当座比率(%) = (当座資産 ÷ 流動負債) × 100

 当座比率が高いほど短期的な支払担保能力が大きいことを示します。

 当座資産とは、現金及び預金、受取手形、売掛金、有価証券などを指します。

 投資先企業の安全性を分析する類似の指標として、流動比率がありますが、流動比率では現金化までに時間を要する在庫が含まれていることから、これを含まない当座資産を利用することで、流動比率より厳しく支払能力を見ることができます。

 当座比率は、「1:1の原則」ともいわれ、当座比率が100%以上あることが安全性の目安といわれます。

 日本企業の全業種平均では、当座比率は80%強ぐらいです。

 製造業平均では100%強ぐらいとなっています。

 一般的に当座比率が高いほど安全性も高いと判断できますが、注意点もあります。

 それは、会社の当座資産の中に、不良債権など現金化しにくいものが含まれている場合があることです。

 ですから、資産内容もできるだけ詳細にチェックすることが重要です。

【関連リンク】

 株主資本比率とは~投資先企業の安全性の分析方法

 有利子負債とは~投資先企業の安全性の分析方法

 流動比率とは~投資先企業の安全性の分析方法

 当座比率とは~投資先企業の安全性の分析方法

スポンサーサイト

流動比率とは~投資先企業の安全性の分析方法


--【10万円以下が手数料無料の証券会社】-------------------
 → 岡三オンライン証券の評判、評価はこちら
 → 松井証券の評判、評価はこちら
-------------------------------------------------------

 流動比率とは、投資先企業の安全性を分析するための一指標で、流動負債(1年以内に返済すべき負債)を流動資産(短期間で換金可能な資産)がどの程度カバーしているかを示す比率のことです。

計算式 : 流動比率(%) = 流動資産 ÷ 流動負債

 この比率が高いほど、短期的な資金繰りに余裕があることを示します。

 流動比率が100%以下であれば、短期的な支払のために、資本や長期負債が使用されていることになります。

 これは、今ある借金を返すために、また新たな借金をしなければならないことを意味します。

 この場合、新しくお金を貸してくれるところが見つからなければ、その時点でその会社は支払不能に陥り、倒産することになってしまいます。

 「2:1の原則」とも呼ばれ、流動比率が200%以上あることが安心の目安といわれています。

 日本の上場企業平均でみると全業種平均120%超、製造業平均で170%ぐらいです。

 基本的に、流動比率が高ければ安全性が高いと考えてよいのですが、流動比率が100%を割ると絶対に危険かというと必ずしもそうとはいえません。

 例えば、電力、ガス会社などは流動比率が低い事が多いのですが、回収は確実で現金化が早いため、安全性は低くないと考えられています。

 したがって、流動比率を分析するときは、業種・業態も見て、回収の確実性なども分析するとよいでしょう。

【関連リンク】

 株主資本比率とは~投資先企業の安全性の分析方法

 有利子負債とは~投資先企業の安全性の分析方法

 流動比率とは~投資先企業の安全性の分析方法

 当座比率とは~投資先企業の安全性の分析方法

株主資本比率とは~投資先企業の安全性の分析方法


--【10万円以下が手数料無料の証券会社】-------------------
 → 岡三オンライン証券の評判、評価はこちら
 → 松井証券の評判、評価はこちら
-------------------------------------------------------

 株主資本比率とは、自己資本比率とも言われ、企業の財務体質の安全性をチェックするのに使われる指標です。

 株主資本比率の算出方法は、以下のとおりです。

<株主資本比率の算出式>株主資本比率(%) = 株主資本 / 総資本 × 100

 「株主資本」は、貸借対照表の資本の部の合計です。

 「総資本」は、貸借対照表の資本の部と負債の部の合計です。

 基本的に、株主資本比率が高い方が安全であると考えてよいでしょう。

 株主資本は株主から調達した資金なので、企業にとって返済の義務がなく、利子を支払う義務もありません。

 利益が出たら、その一部を配当として支払いますが、利益が出なければ、株主に配当を我慢してもらうこともできます。

 一方で、負債(他人資本)は、他人からの借金なので、返済の義務と利子を支払う義務があります。

 例え赤字であっても、債権者は待ってくれません。

 ですから、株主資本比率が大きいほうが、財務体質が安定していると判断されるのです。

 株主資本比率が高い → 財務体質が安定した企業
 株主資本比率が低い → 財務体質が不安定な企業(負債が多い)


 ちなみに、株主資本比率がマイナスの状況を債務超過と言います。

【関連リンク】

 株主資本比率とは~投資先企業の安全性の分析方法

 有利子負債とは~投資先企業の安全性の分析方法

 流動比率とは~投資先企業の安全性の分析方法

 当座比率とは~投資先企業の安全性の分析方法

 

 

有利子負債とは~投資先企業の安全性の分析方法


--【10万円以下が手数料無料の証券会社】-------------------
 → 岡三オンライン証券の評判、評価はこちら
 → 松井証券の評判、評価はこちら
-------------------------------------------------------

 有利子負債とは、会社の負債の中で利払いが必要なものを言い、例えば、短期借入金、割引手形、長期借入金、一年以内返済予定長期借入金、社債などがあります。

 一般に、負債といっても、買掛金、支払手形、未払金のように利払いの必要のない無利子負債も多いため、これらと区分するために言います。

 有利子負債は利払いが発生するため、これをたくさん抱えている会社は、当然に収支を圧迫します。

 基本的に、有利子負債があるとダメというわけではなく、借金をしたほうが効率よく儲けられることもあります。

 有利子負債が0(無借金経営)ならすばらしいことですが、会社で有利子負債があるのは普通です。

 有利子負債が売上高以上ある場合は要注意です。

 一年間の総売上でも借金をかえせない額というのは、ちょっと借金が多すぎると考えてよいでしょう。

 いずれにせよ、株式投資をする際は、投資先の有利子負債が過大でないかを確認するとよいでしょう。

【関連リンク】

 株主資本比率とは~投資先企業の安全性の分析方法

 有利子負債とは~投資先企業の安全性の分析方法

 流動比率とは~投資先企業の安全性の分析方法

 当座比率とは~投資先企業の安全性の分析方法

検索フォーム

リンク

カテゴリ

TOPページ (1)
株式投資必勝の心構え (5)
株式投資必勝法 (1)
少額取引が手数料無料の証券会社 (1)
配当・株主優待が魅力の10万円以下で買える株 (12)
2922なとり株の安定性の分析 (2)
2922なとり株の収益性の分析 (4)
2922なとり株の成長性の分析 (3)
5457住友鋼管株の安定性の分析 (2)
5457住友鋼管株の収益性の分析 (5)
5457住友鋼管株の成長性の分析 (5)
9991ジェコス株の安定性の分析 (2)
9991ジェコス株の収益性の分析 (5)
9991ジェコス株の成長性の分析 (5)
3512日本フェルト株の安定性の分析 (2)
3512日本フェルト株の収益性の分析 (6)
3512日本フェルト株の成長性の分析 (5)
7421カッパ・クリエイト株の安定性の分析 (4)
7421カッパ・クリエイト株の収益性の分析 (5)
7421カッパ・クリエイト株の成長性の分析 (5)
7550ゼンショー株の安定性の分析 (2)
7550ゼンショー株の収益性の分析 (5)
7550ゼンショー株の成長性の分析 (5)
9861吉野家ホールディングス株の安定性の分析 (3)
9861吉野家ホールディングス株の収益性の分析 (4)
9861吉野家ホールディングス株の成長性の分析 (5)
9757船井総合研究所株の安定性の分析 (2)
9757船井総合研究所株の収益性の分析 (6)
9757船井総合研究所株の成長性の分析 (3)
投資先企業の収益性の分析方法 (5)
投資先企業の安全性の分析方法 (4)
投資先企業の成長性の分析方法 (6)
株価指標の解説 (3)
豚インフルエンザ関連銘柄特集 (4)
相場のアノマリーの検証 (2)

相互リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサードリンク

RSSリンクの表示


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。