FC2ブログ
| ホーム |

スポンサーサイト


--【10万円以下が手数料無料の証券会社】-------------------
 → 岡三オンライン証券の評判、評価はこちら
 → 松井証券の評判、評価はこちら
-------------------------------------------------------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9861吉野家ホールディングス株の収益性の分析(ROEで分析)


--【10万円以下が手数料無料の証券会社】-------------------
 → 岡三オンライン証券の評判、評価はこちら
 → 松井証券の評判、評価はこちら
-------------------------------------------------------

 9861吉野家ホールディングス株の収益性について、ROE(株主資本利益率)の指標を活用して分析します。

 なお、平成21年3月期決算の連結財務データで分析しています。

 ROEは、「ROE(%)= 当期純利益 / 株主資本 × 100」の計算式で算出されます。

 9861吉野家ホールディングスは当期純利益が約2.08億円に対して、株主資本が約678億円となっています。

 ROEは約0.31%となっています。

 9861吉野家ホールディングスは、牛丼の吉野家をチェーン展開してますが、同業他社として、牛丼のすき屋をチェーン展開している、7550ゼンショーと比較してみましょう。

 ゼンショーの今期ROEは約0.84%と、9861吉野家ホールディングスよりも若干よい数値となっています(これでもかなり低いですが)。

 9861吉野家ホールディングスも含め、牛丼チェーン店は、収益性の向上が課題といえるでしょう。

※ 管理人の個人的な見解を書いたものですので、最終的な投資判断は御自身の責任でお願いいたします。

【関連リンク】

スポンサーサイト

9861吉野家ホールディングス株の収益性の分析(総資産回転率で分析)


--【10万円以下が手数料無料の証券会社】-------------------
 → 岡三オンライン証券の評判、評価はこちら
 → 松井証券の評判、評価はこちら
-------------------------------------------------------

 9861吉野家ホールディングス株の収益性について、総資産回転率の指標を活用して分析します。

 なお、平成21年3月期決算の連結財務データで分析しています。

 総資産回転率は、「総資産回転率(%)=売上高/総資産×100」の計算式で算出されます。

 9861吉野家ホールディングスは総資産が約1124億円に対して、売上高が約1742億円であり、総資産回転率は約155%となっています。

 ちなみに、前期決算は総資産が約1009億円に対して、売上高が約1558億円であり、総資産回転率は約154%となっています。

 総資産回転率は150%以上と、資産を有効活用して売上高を伸ばしていることがわかります。

 これを、どう利益につなげていくかが今後の課題でしょう。

 9861吉野家ホールディングスは、牛丼の吉野家をチェーン展開してますが、同業他社として、牛丼のすき屋をチェーン展開している、7550ゼンショーと比較してみましょう。

 ゼンショーの今期総資産回転率は約138%、前期総資産回転利益率は131%ですので、ゼンショーと比較して、若干上回っています。


※ 管理人の個人的な見解を書いたものですので、最終的な投資判断は御自身の責任でお願いいたします。

【関連リンク】

9861吉野家ホールディングス株の収益性の分析(総資産経常利益率で分析)


--【10万円以下が手数料無料の証券会社】-------------------
 → 岡三オンライン証券の評判、評価はこちら
 → 松井証券の評判、評価はこちら
-------------------------------------------------------

 9861吉野家ホールディングス株の収益性について、総資産経常利益率の指標を活用して分析します。

 なお、平成21年3月期決算の連結財務データで分析しています。

 総資産経常利益率は、「総資産経常利益率(%)=経常利益/総資産×100」の計算式で算出されます。

 9861吉野家ホールディングスは総資産が約1124億円に対して、経常利益が約43億円であり、総資産経常利益率は約3.8%となっています。

 ちなみに、前期決算は総資産が約1009億円に対して、経常利益が約74億円であり、総資産経常利益率は約7.3%となっています。

 前期よりも総資産経常利益率が減少している点が、改善が必要でしょう。

 9861吉野家ホールディングスは、牛丼の吉野家をチェーン展開してますが、同業他社として、牛丼のすき屋をチェーン展開している、7550ゼンショーと比較してみましょう。

 ゼンショーの今期総資産経常利益率は約2.8%、前期総資産経常利益率は6.8%ですので、ゼンショーと比較して、若干上回っています。

※ 管理人の個人的な見解を書いたものですので、最終的な投資判断は御自身の責任でお願いいたします。

【関連リンク】

9861吉野家ホールディングス株の収益性の分析(経常利益率で分析)


--【10万円以下が手数料無料の証券会社】-------------------
 → 岡三オンライン証券の評判、評価はこちら
 → 松井証券の評判、評価はこちら
-------------------------------------------------------

 9861吉野家ホールディングス株の収益性について、経常利益率の指標を活用して分析します。

 なお、平成21年3月期決算の連結財務データで分析しています。

 経常利益率は、「経常利益率(%)=経常利益/売上高×100」の計算式で算出されます。

 9861吉野家ホールディングスは売上高が約1742億円に対して、経常利益が約43億円であり、経常利益率は約2.5%となっています。

 ちなみに、前期決算はは売上高が約1558億円に対して、経常利益が約74億円であり、経常利益率は約4.7%となっています。

 売上高が増加しているにもかかわらず、経常利益が減少している点は、改善が必要かもしれません。

 9861吉野家ホールディングスは、牛丼の吉野家をチェーン展開してますが、同業他社として、牛丼のすき屋をチェーン展開している、7550ゼンショーと比較してみましょう。

 ゼンショーの今期経常利益率は約2.0%、前期経常利益率は5.0%ですので、ゼンショーと比較して、若干営業利益率が落ちます。

 飲食店業界の利益率は、5%もない程度なんですね・・・。


※ 管理人の個人的な見解を書いたものですので、最終的な投資判断は御自身の責任でお願いいたします。

【関連リンク】

検索フォーム

リンク

カテゴリ

TOPページ (1)
株式投資必勝の心構え (5)
株式投資必勝法 (1)
少額取引が手数料無料の証券会社 (1)
配当・株主優待が魅力の10万円以下で買える株 (12)
2922なとり株の安定性の分析 (2)
2922なとり株の収益性の分析 (4)
2922なとり株の成長性の分析 (3)
5457住友鋼管株の安定性の分析 (2)
5457住友鋼管株の収益性の分析 (5)
5457住友鋼管株の成長性の分析 (5)
9991ジェコス株の安定性の分析 (2)
9991ジェコス株の収益性の分析 (5)
9991ジェコス株の成長性の分析 (5)
3512日本フェルト株の安定性の分析 (2)
3512日本フェルト株の収益性の分析 (6)
3512日本フェルト株の成長性の分析 (5)
7421カッパ・クリエイト株の安定性の分析 (4)
7421カッパ・クリエイト株の収益性の分析 (5)
7421カッパ・クリエイト株の成長性の分析 (5)
7550ゼンショー株の安定性の分析 (2)
7550ゼンショー株の収益性の分析 (5)
7550ゼンショー株の成長性の分析 (5)
9861吉野家ホールディングス株の安定性の分析 (3)
9861吉野家ホールディングス株の収益性の分析 (4)
9861吉野家ホールディングス株の成長性の分析 (5)
9757船井総合研究所株の安定性の分析 (2)
9757船井総合研究所株の収益性の分析 (6)
9757船井総合研究所株の成長性の分析 (3)
投資先企業の収益性の分析方法 (5)
投資先企業の安全性の分析方法 (4)
投資先企業の成長性の分析方法 (6)
株価指標の解説 (3)
豚インフルエンザ関連銘柄特集 (4)
相場のアノマリーの検証 (2)

相互リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサードリンク

RSSリンクの表示


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。