FC2ブログ
| ホーム |

スポンサーサイト


--【10万円以下が手数料無料の証券会社】-------------------
 → 岡三オンライン証券の評判、評価はこちら
 → 松井証券の評判、評価はこちら
-------------------------------------------------------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9757船井総合研究所株の成長性の分析(当期利益増加率で分析)


--【10万円以下が手数料無料の証券会社】-------------------
 → 岡三オンライン証券の評判、評価はこちら
 → 松井証券の評判、評価はこちら
-------------------------------------------------------

 9757船井総合研究所株の成長性について、当期利益増加率の指標を活用して分析します。

 なお、平成20年12月期決算の連結財務データで分析しています。

 当期利益増加率は、「当期利益増加率(%)=(当期利益 - 前期利益)/前期利益×100」の計算式で算出されます。

 9757船井総合研究所は前期利益が約13.9億円に対して、今期当期利益が約11.5億円となっています。

 当期利益増加率は約-19%と、大幅減益しています。

 また、会社予想の来期当期利益は約11.6億円と今期並みを見込んでいます。

 ここ数年は、10~15億円前後の純利益を維持しているようです。

 9757船井総合研究所は、成長性よりも経営の安定性に注目して、高配当・優待を狙って中長期投資するのがよいかもしれません。

※ 管理人の個人的な見解を書いたものですので、最終的な投資判断は御自身の責任でお願いいたします。

【関連リンク】

スポンサーサイト

株式投資必勝の心構え~得意銘柄を売買する


--【10万円以下が手数料無料の証券会社】-------------------
 → 岡三オンライン証券の評判、評価はこちら
 → 松井証券の評判、評価はこちら
-------------------------------------------------------

 自分の得意銘柄を売買することは、株式投資の必勝法であると考えます。

 よく、「株式投資は分散投資が基本」、「できるだけ数多くの銘柄に分散投資した方がパフォーマンスが良くなる」と推奨されていますが、私はそうは思いません。

 多くても4~5銘柄程度に自分の得意銘柄を絞って売買した方が、運用成績が良くなると思います。

 なぜならば、得意銘柄を数銘柄に絞っていれば、その銘柄について、プロ(機関投資家や証券会社のディーラーなど)も詳しくなるからです。

 一般の個人投資家は、普段は別に自分の仕事を持っていて、投資の勉強や投資銘柄の研究に費やすことのできる時間に限度があります。

 ですから、投資を本業としているプロのディーラーと同じことをしていては勝てません。

 むしろ、自分の得意銘柄を絞り込み、日々それをウォッチしている方が、その会社の業績動向、株価の周期性、株価チャートのクセなどが、プロの投資家よりも驚くほど詳しくなることができます。

 年5~10%程度の運用利回り(欲張ってはいけません)が着実に取れる得意銘柄を4~5銘柄見つけ、のんびり、しかしながら着実に運用することが必勝への近道だと考えています。

株式投資必勝の心構え~自分の投資スタイルを確立する


--【10万円以下が手数料無料の証券会社】-------------------
 → 岡三オンライン証券の評判、評価はこちら
 → 松井証券の評判、評価はこちら
-------------------------------------------------------

 株式投資では、自分が安定的な収益を得ることができる、できるだけシンプルな投資手法を確立し、それを繰り返すように心がけましょう。

 例えば、100万円の投資資金で運用を始めたAさんとBさんがいたとします。

 Aさんは、非常にシンプルな銘柄分析・チャート分析手法を確立し、毎日5~10分程度の時間を株式投資に費やし、年5%の利回りをコンスタントに達成しています。

 一方で、Bさんは非常に複雑な銘柄分析・チャート分析手法を駆使し、そのために毎日多大な労力・

 時間をかけて年5%の利回りを達成しています。

 さて、AさんとBさんはどちらが効率的な運用をしているでしょうか?

 答えはもちろんAさんです。

 「AさんとBさんはどちらが株式投資に関する知識が豊富でしょうか?」と聞かれれば、おそらく、Aさんの方が圧倒的に優れているでしょう。

 銘柄分析やチャート分析について語らせれば、2時間でも3時間でも語ってくれるでしょう。

 しかし、株式投資は、投資に関する知識を競い合うのではなく、如何に時間・労力をかけずに安定的な運用利回りを達成するかが勝負です。

 運用利回りの他、運用に費やす時間など考慮した総合的な意味での「運用パフォーマンス」を意識することが大切です。

 プロのディーラーと異なり、一般の個人投資家は別に仕事を持っており、株式投資のために分ける時間にも限界があります。

 そのような意味でも、なるべくシンプルで、しかも安定的な収益を確保できる運用ルールを確立し、それが通用している間は、(つまらないですが)その慣れた手法を繰り返すことが、総合的なパフォーマンスを向上させることにつながります。


株式投資必勝の心構え~大儲けを期待しない


--【10万円以下が手数料無料の証券会社】-------------------
 → 岡三オンライン証券の評判、評価はこちら
 → 松井証券の評判、評価はこちら
-------------------------------------------------------

 本屋で売られている投資マニュアル本では、「100万円を1年で1億円にした私の投資法」といったものがありますが、このような投資法は誰もがマネできるものではありません。

 はっきり言えば、「センス」、「天性の才能」が必要です。

 普通の人には不可能ですし、恐らく、本を熟読しても絶対にそのコツは理解できないでしょう。

 誰にでもマネできればみんなが億万長者になれるはずです。

 しかし、年間運用利回り4~5%を安定的に達成することは、誰でも可能であると私は思います。

 もちろん、「自分が買った銘柄が買った直後に大きな好材料を出して株価が急伸、1週間で10%以上儲かってしまった」といった経験は、長く株式投資をしていれば誰でも経験することです。

 また、たまたま調子が良くて「1ヶ月の株式投資の利益が自分の月給を超えてしまった」という経験も、長く株式投資をしていれば経験するかもしれません。

 このような経験をすると、株式投資が自分の資産を急激に増やしてくれる「魔法の杖」のような錯覚を起こしてしまします。

 また、「自分は株式投資の才能・センスがある」と気が大きくなり、投資金額を増やして大勝負をしたり、投資スタイルが荒くなり、結局は損する結果となります。

 たまたま大儲けしたような時は、「運が良かっただけ」と謙虚に受け止め、自分を過信しないことが大切です。

 「自分が買った銘柄が買った直後に大きな悪材料を出して株価が急落、1週間で10%以上損してしまった」といったことも、同様に起こりうることも肝に銘じておきましょう。

 むしろ、このようなラッキーで大儲けすることを期待するよりも、自分の得意銘柄を見つけたり、自分が着実に勝つことのできるシンプルで慣れた手法を確立し、それを何度も続ける方が、地味でつまらないですが、着実に資金を増やすことができると思います。

 たまたま大儲けして自分の投資スタイルを変えてしまい、かえって損をしたという経験は、私も数多くあります。

 それはそれとして、自分が着実に儲けられる投資スタイルを確立し、それを変えないようにすることが大切です。

株式投資必勝の心構え~余裕資金で運用する


--【10万円以下が手数料無料の証券会社】-------------------
 → 岡三オンライン証券の評判、評価はこちら
 → 松井証券の評判、評価はこちら
-------------------------------------------------------

 株式投資必勝の心構えとしては、「余裕資金で運用する」ということが大切です。

 生活資金、子供の教育資金などといった、「いのち金」に手をつけることはもってのほかです。

 株式投資は、自分の思惑が当たると、大きなリターンを得ることができますが、思惑がはずれたときに大きな損失が発生します。

 余裕資金がどれぐらいかは、その人の財力、職業、年齢、家族構成、投資経験などにより異なるでしょう。

 例えば、100万円を投資したとしましょう。

 この場合、1日の相場変動で1~2%(1~2万円)増減します。

 また、相場が大きく動けば1ヶ月で10%(10万円)以上増減することもあります。

 合計資産が1,000万円以上ある投資家の場合は、これぐらいの変動では一喜一憂しないとかもしれません。

 しかし、合計資産が100万円しかない投資家が全額勝負している場合は、日々の株価変動が気になって仕方がないかもしれません。

 「いのち金には手をつけるな」との相場格言もありますが、投資資金を決めるときは、リスクを念頭に置いて慎重に判断することをおすすめします。

 特に、株式投資初心者の方には、当サイトが推奨するように、10万円程度の少額取引からスタートするとよいでしょう。

検索フォーム

リンク

カテゴリ

TOPページ (1)
株式投資必勝の心構え (5)
株式投資必勝法 (1)
少額取引が手数料無料の証券会社 (1)
配当・株主優待が魅力の10万円以下で買える株 (12)
2922なとり株の安定性の分析 (2)
2922なとり株の収益性の分析 (4)
2922なとり株の成長性の分析 (3)
5457住友鋼管株の安定性の分析 (2)
5457住友鋼管株の収益性の分析 (5)
5457住友鋼管株の成長性の分析 (5)
9991ジェコス株の安定性の分析 (2)
9991ジェコス株の収益性の分析 (5)
9991ジェコス株の成長性の分析 (5)
3512日本フェルト株の安定性の分析 (2)
3512日本フェルト株の収益性の分析 (6)
3512日本フェルト株の成長性の分析 (5)
7421カッパ・クリエイト株の安定性の分析 (4)
7421カッパ・クリエイト株の収益性の分析 (5)
7421カッパ・クリエイト株の成長性の分析 (5)
7550ゼンショー株の安定性の分析 (2)
7550ゼンショー株の収益性の分析 (5)
7550ゼンショー株の成長性の分析 (5)
9861吉野家ホールディングス株の安定性の分析 (3)
9861吉野家ホールディングス株の収益性の分析 (4)
9861吉野家ホールディングス株の成長性の分析 (5)
9757船井総合研究所株の安定性の分析 (2)
9757船井総合研究所株の収益性の分析 (6)
9757船井総合研究所株の成長性の分析 (3)
投資先企業の収益性の分析方法 (5)
投資先企業の安全性の分析方法 (4)
投資先企業の成長性の分析方法 (6)
株価指標の解説 (3)
豚インフルエンザ関連銘柄特集 (4)
相場のアノマリーの検証 (2)

相互リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサードリンク

RSSリンクの表示


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。