FC2ブログ
| ホーム |

スポンサーサイト


--【10万円以下が手数料無料の証券会社】-------------------
 → 岡三オンライン証券の評判、評価はこちら
 → 松井証券の評判、評価はこちら
-------------------------------------------------------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7550ゼンショー株の成長性の分析(株主資本増加率で分析)


--【10万円以下が手数料無料の証券会社】-------------------
 → 岡三オンライン証券の評判、評価はこちら
 → 松井証券の評判、評価はこちら
-------------------------------------------------------

 7550ゼンショー株の成長性について、株主資本増加率の指標を活用して分析します。

 なお、平成21年3月期決算の連結財務データで分析しています。

 株主資本増加率は、「株主資本増加率(%)=(今期株主資本 - 前期株主資本)/前期株主資本×100」の計算式で算出されます。

 7550ゼンショーは前期株主資本が約306億円に対して、今期株主資本が約296億円となっています。

 株主資本増加率は約-3.3%と若干減少しています。

 株主資本を増加させ、有利子負債を圧縮し、もっと経営の安定化・収益性の向上を図ってほしいものです。


※ 管理人の個人的な見解を書いたものですので、最終的な投資判断は御自身の責任でお願いいたします。

【関連リンク】

スポンサーサイト

7550ゼンショー株の成長性の分析(総資産増加率で分析)


--【10万円以下が手数料無料の証券会社】-------------------
 → 岡三オンライン証券の評判、評価はこちら
 → 松井証券の評判、評価はこちら
-------------------------------------------------------

 7550ゼンショー株の成長性について、総資産増加率の指標を活用して分析します。

 なお、平成21年3月期決算の連結財務データで分析しています。

 総資産増加率は、「総資産増加率(%)=(今期総資産 - 前期総資産)/前期総資産×100」の計算式で算出されます。

 7550ゼンショーは前期総資産が約2157億円に対して、今期総資産が約2248億円となっています。

 総資産増加率は約4.2%と若干増加しています。

 7550ゼンショーは、新規出店や他の飲食店を買収することにより売上増を継続し、成長を続けています。

 この路線はよいと思うのですが、既存店の収益性の向上にも力を入れ、せめて同水準の利益率は維持してほしいものです。

※ 管理人の個人的な見解を書いたものですので、最終的な投資判断は御自身の責任でお願いいたします。

【関連リンク】

7550ゼンショー株の成長性の分析(当期利益増加率で分析)


--【10万円以下が手数料無料の証券会社】-------------------
 → 岡三オンライン証券の評判、評価はこちら
 → 松井証券の評判、評価はこちら
-------------------------------------------------------

 7550ゼンショー株の成長性について、当期利益増加率の指標を活用して分析します。

 なお、平成21年3月期決算の連結財務データで分析しています。

 当期利益増加率は、「当期利益増加率(%)=(当期利益 - 前期利益)/前期利益×100」の計算式で算出されます。

 7550ゼンショーは前期利益が約52億円に対して、今期当期利益が約25億円となっています。

 当期利益増加率は約-52%と、大幅減益しています。

 また、会社予想の来期当期利益は約27億円と今期並みを見込んでいます。

 ここ数年は、50~60億円前後の純利益を維持してきていましたが、若干苦戦気味です。

 7550ゼンショーは、成長性よりも経営の安定性に注目して、高配当・優待を狙って中長期投資するのがよいかもしれません。

 巷では、餃子の王将など価格が低めの飲食店やファーストフード店は好調だという話を聞きますが・・・。

 7550ゼンショーも頑張ってほしいものです。

※ 管理人の個人的な見解を書いたものですので、最終的な投資判断は御自身の責任でお願いいたします。

【関連リンク】

7550ゼンショー株の成長性の分析(経常利益増加率で分析)


--【10万円以下が手数料無料の証券会社】-------------------
 → 岡三オンライン証券の評判、評価はこちら
 → 松井証券の評判、評価はこちら
-------------------------------------------------------

 7550ゼンショー株の成長性について、経常利益増加率の指標を活用して分析します。

 なお、平成21年3月期決算の連結財務データで分析しています。

 経常利益増加率は、「経常利益増加率(%)=(当期経常利益 - 前期経常利益)/前期経常利益×100」の計算式で算出されます。

 7550ゼンショーは前期経常利益が約142億円に対して、今期経常利益が約62億円となっています。

 経常利益増加率は約-56%と、大幅減となっています。

 また、会社予想の来期経常利益は90億円と回復を見込んでいます。

 ここ数年は、130~140億円前後の経常利益を維持してきているので、やはり不況のあおりか、苦戦しているようです。

 巷では、餃子の王将など価格が低めの飲食店やファーストフード店は好調だという話を聞きますが・・・。

 7550ゼンショーも頑張ってほしいものです。

※ 管理人の個人的な見解を書いたものですので、最終的な投資判断は御自身の責任でお願いいたします。

【関連リンク】

7550ゼンショー株の成長性の分析(売上高増加率で分析)


--【10万円以下が手数料無料の証券会社】-------------------
 → 岡三オンライン証券の評判、評価はこちら
 → 松井証券の評判、評価はこちら
-------------------------------------------------------

 7550ゼンショー株の成長性について、売上高増加率の指標を活用して分析します。

 なお、平成21年3月期決算の連結財務データで分析しています。

 売上高増加率は、「売上高増加率(%)=(当期売上高 - 前期売上高)/前期売上高×100」の計算式で算出されます。

 7550ゼンショーは前期売上高が約2825億円に対して、今期売上高が約3102億円となっています。

 売上高増加率は約9.8%と、2ケタ増に近い状況です。

 また、会社予想の来期売上高は3469億円と約12%近い増加を見込んでいます。

 7550ゼンショーは、新規出店や他の飲食店を買収することにより売上増を継続し、成長を続けています。

 この路線はよいと思うのですが、既存店の収益性の向上にも力を入れ、せめて同水準の利益率は維持してほしいものです。

※ 管理人の個人的な見解を書いたものですので、最終的な投資判断は御自身の責任でお願いいたします。

【関連リンク】

検索フォーム

リンク

カテゴリ

TOPページ (1)
株式投資必勝の心構え (5)
株式投資必勝法 (1)
少額取引が手数料無料の証券会社 (1)
配当・株主優待が魅力の10万円以下で買える株 (12)
2922なとり株の安定性の分析 (2)
2922なとり株の収益性の分析 (4)
2922なとり株の成長性の分析 (3)
5457住友鋼管株の安定性の分析 (2)
5457住友鋼管株の収益性の分析 (5)
5457住友鋼管株の成長性の分析 (5)
9991ジェコス株の安定性の分析 (2)
9991ジェコス株の収益性の分析 (5)
9991ジェコス株の成長性の分析 (5)
3512日本フェルト株の安定性の分析 (2)
3512日本フェルト株の収益性の分析 (6)
3512日本フェルト株の成長性の分析 (5)
7421カッパ・クリエイト株の安定性の分析 (4)
7421カッパ・クリエイト株の収益性の分析 (5)
7421カッパ・クリエイト株の成長性の分析 (5)
7550ゼンショー株の安定性の分析 (2)
7550ゼンショー株の収益性の分析 (5)
7550ゼンショー株の成長性の分析 (5)
9861吉野家ホールディングス株の安定性の分析 (3)
9861吉野家ホールディングス株の収益性の分析 (4)
9861吉野家ホールディングス株の成長性の分析 (5)
9757船井総合研究所株の安定性の分析 (2)
9757船井総合研究所株の収益性の分析 (6)
9757船井総合研究所株の成長性の分析 (3)
投資先企業の収益性の分析方法 (5)
投資先企業の安全性の分析方法 (4)
投資先企業の成長性の分析方法 (6)
株価指標の解説 (3)
豚インフルエンザ関連銘柄特集 (4)
相場のアノマリーの検証 (2)

相互リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサードリンク

RSSリンクの表示


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。